デザインイメージを発想しよう!macbookのCMからステッカーをデザインする

こんにちは、WEBマーケティング部の沼倉です。

アイデアは思いつくように持っていくのが大変なところ・・・。

環境を変えたり、時間を変えたり、リラックスしたり、と発想法は様々ですが、

「他の作品を見る」というのも発想を助けます。

今回はmacbookのCMでおなじみの画像からステッカーイメージを考えてみましょう。

目次

①1色にすることでコストを抑える

②既存のアイコンコンセプトをうまく使う

③光の表現でリアリティをもたせる

 

 

①1色にすることでコストを抑える

「OrderSticker.com」では通常インクジェット印刷での仕様をリリースしておりますが、ご要望に応じてシルク印刷での印刷も可能です。その場合、初回生産時には版代・型代が料金として発生いたしますが、2回目以降は同じデザインであれば必要がありません。また版代・型代につきましては色数が増えれば増えるほどコストもかさみますが、1色であればコストは抑えられます。

以下、こちらの観点から上手なデザインアイデアです。

 

 

basquiat_macbook17

41LGBFlgu2L

 

 

②既存のアイコンコンセプトをうまく使う

macbookはご存知、アップル社のノートブックですが、こちらのイメージといったらやはりパネル中央の光るリンゴでしょう。ステッカーを貼る媒体の方にコンセプトとなるデザインがあればステッカーデザイン時に調和するようなデザインを考えるというのも1手です。

以下、こちらの観点から上手なデザインアイデアです。

00469_07

00469_14

 

 

③光の表現でリアリティをもたせる

こちらのノートブックのリンゴは光ります。この特徴をうまく使ってステッカーのデザイン自体にも光の表現を入れることで、立体的に迫ってくるような迫力のあるデザインが可能です。

以下、こちらの観点から上手なデザインアイデアです。

 

il_570xN.271332347

 

mac-st01-6

 

 

いかがでしたでしょうか。

発想法には色々ありますが、まずは模倣してみる、というのもいいアイデアの近道ではないでしょうか。

ぜひご検討ください。

カテゴリー: 製作日記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です