終活ブームと葬儀の現状

またまたステッカーと少し話がそれますが。。。

作り手の人となりを知っていただくことはオリジナルステッカーを制作することに限らず良いことだと・・・ブログのすすめなる本に書いてあったので笑

最近の世間話をひとつ。

テレビを見ていると、終活のセミナーがちょっとしたブームだそうです。

葬儀の世界も様々な企業が参入し、その価格も外資系やIT系、鉄道系などがあり、価格も106~123万前後といったところだといいます。 全国平均の葬儀費用は03年の236万から、最近では平均188万円ほどへと減ってきているといいます。

それでも葬儀には地域性もあるようで、高額なのが関東北部と千葉の236万、中部、近畿が210万、一方で四国などでは134万と100万円もの差が見られます。 価格の減少には、参列者や地域コミュニテイの減少、家族葬などと葬儀が小型化していることにあるようです。

又、価格の内訳としても、平均的葬儀にかかる費用割合としては、葬儀一式122万・僧侶45万・接待費34万・火葬無料~15万・棺桶3~8万・戒名代となるそうです。

しかし、予め葬儀社を決めておけば利用割引料金もあり、数十万の差額がでることもあります。

親戚で無宗教の葬儀を行いましたが、戒名も僧侶も無い無宗教であればかなり費用を抑えることがきます。 葬儀も多種多様となってきたようで、生前に本人が希望する形式を準備する時代となってきているようです。 かつての高額請求のトラブルも減ってきているとはいえ、戒名などの値段を考えると、日本の葬儀費用はまだまだ世界と比べて高いといいます。

カテゴリー: 製作日記   パーマリンク

終活ブームと葬儀の現状 への1件のコメント

  1. ピンバック: ライフスタイルとステッカー オリジナルグッズ製作日記 | オリジナルグッズ製作日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です