グッドバイ。。。

この世にはおよそ信じられない程の名曲ってもんがある。
そういった宝物たちは往々にして複雑で難しい事をせず
シンプルで単純な骨格の楽曲であることが多い気がします。

toe / グッドバイ

この曲も全くもってそうだと思う。
2006年にリリースされたミニアルバムはここまで彼らが
最高峰のインストバンドだという認識から、唄モノもプレイする!
という驚きと賛否を醸し出した作品。
もちろん唄モノではありますが、イントロのギターの必殺のフレーズから
ソロパート…ギターワークが一段と光る名曲であり、ボーカルも歌い上げることなく
淡々と一定のトーンで英日語の混在した歌詞が鳴るさまは、人力による楽器に近い。

恐らくこの曲をきっかけにtoeを知り、その世界にズルズルルルっと
引き込まれた人も多いのではないかと思います。
この曲に関してはこのPVの出来も素晴らしすぎて、
何度見ても何かがこみ上げてくる…。


こちらはアルバムに収録された際にボーカリストとして参加した
土岐麻子Ver.
土岐さんの透明感と存在感のある声の場合は、完全なより唄モノとしての
主張が強くなっているのが分かるのではないでしょうか?

この世に音楽が生まれてどのくらいの時間と作品があるのか分からないけれど、
この世には本当に信じられないような名曲があり、
それは日々今も生まれている。

カテゴリー: 音楽雑談   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です