I don’t permit the world where music doesn’t play

数日前に自分のツイートのタイムラインに突如
UKのポストロックバンドttng ( This Town Needs Guns)
の逮捕のニュースが!

衝撃的なその内容故、調べてみると香港でのライブ中に
香港の入管がやって来て、海外からのバンドの演奏を「不法就労」ということで
メンバーなど合計7人が逮捕されたとの事。
ttng自体は即日釈放されたようですが、今回は分かりやすい
見せしめに逢ってしまったようだ。
理不尽な災難ではあるし、今後の彼らにとって本国などでどのような苦難があるのかを
考えると色々心配ですが、素晴らしいバンドだけに乗り越えて続けて欲しいと祈るばかり。

この香港での一件はそれで終わる話しではなく、政府側とライブハウス側、ひいては
インディペンデントで活動するクリエーターたちとの深刻で根深い問題になっている。
詳細と分かりやすい記事としてこちらご参照ください。
https://ameblo.jp/tsukiji14/entry-12272793802.html
個人的には素晴らしい内容の記事だと思います。

日本でもいくつか音楽と規制という問題はこの数年でも起きており
代表的なアレな法案でもあった「ダンス規制案」、「PSE法」そしてJXSRXCによる規制…。
法遵守やら違法やらについてはここでは語りませんが、音楽が鳴らない世界、
たかが音楽が自由に聴けない世界、聴かせられない世界、そんな世界が正しいはずがない。

ボクはボクの音楽を好きな場所で鳴らしたいし、聴きたい。踊りたい。
これからも死ぬまで。
いや死んでからも。
今、そしてこれから自分の出来る事を精一杯考えながら、
久しぶりに熱くなったGW明けの夜は…ttng が紡ぐ音が最高すぎる。

カテゴリー: 音楽雑談   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です