original sound track / BELGICA

この3/24に12年振りの新作がリリースされたSOULWAX。
いやー新作待ちすぎてもはや彼らの存在を忘れるくらいの
年月でしょ…12年って。小学校入学して高校卒業するまでの長さ。
その新作「from deewee」はまた今度書きます。
今回は昨年にリリースされたベルギー映画「BELGICA」の
サウンドトラックがカッコ良すぎるのでこちらについてダラダラと。

映画の内容はベルギーのナイトクラブを描いたものらしいですが
そのクラブに出演するアーティストたちによるサウンドトラックという
体を成してます。が、実態は全曲SOULWAXによるオリジナルの楽曲。
作中のバンドに合わせたテイストの楽曲がゴチャゴチャに作られていて
彼らの音楽のふり幅と圧倒的なセンスに感動すらします。

収録されている架空アーティストたちのジャンルは
クラウトテクノ、サイコビリー、女性シンガー、HIPHOP、
ハードコアパンク、ギターロック、音響系と多岐に渡り
全曲のクオリティは各ジャンルに於いてもハンパなく素晴らしい。

特筆はThe ShitzとWhite Virgins。
ルックス、スタイルともに完璧。
実際にこの映像がバンドの実態だったらメチャ売れですな。


この手法…役者がバンドを演じるPVといえば
NEW ORDERの「crystal」を思い出します。
これも観ていて楽しい。

SOULWAX、本当にやることなすことカッコいい。
昔からベルギーのパンクバンドも尋常じゃなくカッコよく
この国の音楽的な背景や輩出する音楽は個人的には好みです。

新作「from deewee」を聴きながら通勤した雨の月曜日の戯言。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

津原泰水 / 読み解かれるD クロニクル・アラウンド・ザ・クロック 3 (新潮社/文庫)

シリーズ最終巻。
かなり待ち遠しかった作品。

あらすじを云々はアレなので割愛しますが、今作の
音楽パートのメインとなる、ロックバンド「爛漫」の
活動が描かれる様は、売れかけたバンドとして
割とありきたりな道筋を辿っていくのですが、
作者の音楽への愛情と知識が付け焼き刃や、薄っぺらい
イメージで書いたものでは無いため、非常にリアル。
本当に存在しているバンドが辿っていく道筋を見てるような
錯覚に陥ります。

自分がこの「爛漫」が紡ぐロックを好きかどうかは分からないですが、
何となく実際のバンドに置き換えると…うーんやはりジャックス辺りを
イメージしますねw。

主軸となるミステリパートはオープンDなる人物のしっぽを
淡々と追いつめる展開。個人的にはロックパートが面白過ぎて
ミステリとの融合はなくても十二分に楽しめた作品なので
ミステリ部分については…正直真相などあまり重要ではなかったりするw。

人気やセールス的には名作「ブラバン」の方が分かり易いのかもしれませんが
ここまで自分が読んできたロック小説の中で一番面白く時間が過ぎた、
津原氏の代表作と言っていいシリーズだった快作です。

ラストのお馴染みでお楽しみの解説は・・・まさかの「村下孝蔵」!!
この曲…本当に名曲ですよね。沁みます。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

津原泰水 / 廻旋する夏空 クロニクル・アラウンド・ザ・クロック 2 (新潮社/文庫)

期待していた第二弾。前作の展開を覆す…との
予告通り、一連に起こった事件の真相は
確かに…二転三転しています。ちょっと…
期待が大きすぎた…かなw。
音楽(ロック)小説として、更にミステリとして
両立させる難しさがよく分かります。そういった
意味では充分に面白い作品。

ロックパートも「爛漫」にまつわるパート。そして
主人公「くれない」が指導をつとめる女の子コピーバンドの
パートともに、読んでいて楽しいです。付け焼刃ではない
音楽の知識と経験が上手く、ストーリー内に
取り込まれていて、自分がメンバーになったかのように
スイスイと状況が入ってきます。

次作でラスト…。カリスマボーカル「ニッチ」の死に
始まる一連の事件の真相。バンド「爛漫」が
辿る音楽。そして登校拒否の小生意気な
絶対音感少女「くれない」の歩む道。
それぞれが気になります。

そして今作も著者による解説が秀逸。
今回はRCサクセションのド名盤「BLUE」。
いちいち頷いてしまいますね。
やはりこのアルバムが一番好き。
ラストの「あの娘のレター」は最強のナンバーです。


あの娘のレター – RC SUCCESSION 投稿者 happy-song

カテゴリー: 音楽雑談 | タグ: , , , | コメントをどうぞ

津原泰水 / 爛漫たる爛漫 クロニクル・アラウンド・ザ・クロック (新潮社/文庫)

たまには書評なんぞを偉そうに。。。書いてもいいですか?S木さん?
一癖も二癖もあるイメージの津原さんですが
今作はかなりストレートな作品かつ、コンセプト。
ずばり…ロック。ただし、結構ディープなロックかつ
斜め具合はやはり津原作品っぽい…のかな。
かなり面白いです。コレ。

人気ロックバンドのフロントマンの死。
業界に蔓延る楽物(いつの時代っすかw)。
絶対音感を持つ登校拒否少女。
が上手く絡んで、しっかりとミステリーとしても
成立させています。そのミステリ部分の
真相解明はガッツリと音楽が関わっていて
ページは薄いけど、見事なバランスですね。
ロック小説って難しいんですよね。実は
あまりにも振り幅が広くて。現代が舞台ですが
完全にイメージは70年初頭の手触り。

(完全に私見ですが…村八分とか外道、紫、サンハウス、
はっぴいえんど、サディスティックス、ジャックス辺りの音楽が頭の中で鳴ってました)
あとがきに書かれている事も非常に的を得ていて
ロックと録音技術の関係はおっしゃる通り。
ロックを精神論で誇張して語ることの間違いが
サラりと書かれてます。

惜しい点は読者ターゲットを若い人に設定した
ような装丁イラストとオビのコピー。
その方向は間違ってると思うよw。きっと。30代後半~40代が読んでも絶対面白いです。

 

津原泰水「爛漫たる爛漫 クロニクル・アラウンド・ザ・クロック」

カテゴリー: 音楽雑談 | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

Ted Leo And The Pharmacists

80年代後半に活動してしたNYHCバンドCitizens Arrestのメンバーで
後にChiselを結成する中心人物。
元々そんなに興味はなかったんですが、このTed Loe and The Pharmacistsが
まだ勢いのあったレーベル「LOOKOUT!」からリリースされたをきっかけに
聴いてみたのがきっかけでした。

ぶっとぶようなインパクトのある作品ではないものの、本当にSOUL PUNKという
言葉がしっくりなじむような味と聴きこむほどに心地良い作品で一時期は
毎日聴いてたような。
中期以降のThe JAMを思わせながらも、アメリカ的なビート感のあるMODS的な
アプローチは新鮮で、自然とルーツバックしてChiselを聴きこむ事に。


Ted Leo名義の作品よりもグっとパンク色は濃く、シンプルである意味
ニッチでカルト的な人気がある事が納得出来る名作。
特に2曲目~3曲目の繋ぎのセンスは打ち震えます。
Chiselに影響を受けた(と思われる)日本のバンドも多く、
所謂90年代のライブハウスシーンの中で一番、
面白かった西荻シーンを筆頭にセンスの塊のようなカッコいいバンド達は
このChiselやThe Van Peltなどのエッセンスを取り込んでいたように思います。
(Twinkle<ex-FRUITY>なんてその筆頭だったのかな?キラキラ感が今聴いても最高!)

 

2003年、3rdアルバム「Hearts Of Oak」(本当に名作!)リリースタイミングには
まさかの来日も果たし、新宿JAMなんて身近なフィールドで観れたことは当時ならでは
だったのかな…。正直衝撃的なライブではなかった気もするが、淡々と、かつダンスミュージックとしか言いようのないリアルSOUL PUNKなステージだった。
終演後に「この世に現存するNo.1のMODバンドだ!」なんて本人に偉そうに言ったオレに、はにかみながら握手してくれた事は忘れません。

ダサさや泥臭さも含めポール・ウェラーより100倍好き。

 

 

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

the get up kids

90年代後半、全世界中のロックバンドの中で最も
輝いて、文字通り疾走したバンドだと思ってます。
初期作品の頃から日本でもパンク,オルタナファンから
かなりの賞賛と注目を浴びていましたが、初期のライブ
映像から伺える、USHC経由のDISCHORD、
HUSKER DU/SUGAR辺りを経由したゴツゴツとしたサウンドと
卓越したメロディセンスは更にポップパンクファンをも
巻き込んでアッという間に人気に火がついたように思います。

 
当時の所謂EMOブームの後押しも大きかったとは思いますが
大手「VAGRANT」と契約後のリリースとなった屈指の…いや
稀代の名作「Something to Write Home About」のリリースをきっかけに
ビッグネームの仲間入りになる程のブレイクを見せることに。

シングルカットされた「Action & Action」
この青臭さとこの声、サビ入り前のリズム展開、大合唱せざるを得ないメロディ。
落ちパートからせり上がってくるこの激情感。
どうっすか?
こんな曲がゴロゴロ入ったアルバムなんてざらにない。

 

さらに、イントロの5秒だけでゾクゾクさせ、終始高揚感で包まれる名曲「Holiday」
から始まり緩急をつけた珠玉の曲しか詰まっていない全12曲は、
18年経って更に偏屈で卑屈でさもしいジジイになった自分に、
音楽としての正論を突き付け、様々な想いを掻き立ててくれる。

メンバーも肥えてしまい佇まいもアレ…になってしまったこのライブですら
この楽曲の持つ力は伝わってきます。
00:30付近で一瞬映る、最前列で拳を握り、叫び、歌う白Tの青年…
コイツは多分オレの分身だ。

 

正直、この時点でバンドはほぼ完成してしまったようにすら思え、
今作同様の作品を作り続ける事はロックの歴史が許さなかったのかもしれない。
本当にクラクラする眩さを放ちながらこのバンドは駆け抜けた。
それでいいのだ。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

Killed By Death

このコンピレーションの登場によって無名も無名だった
世界中に点在していた多くのパンクバンドが、徐々に
浮彫りにされ、瞬く間に世界中にパンクロッククラシックという
ジャンルや存在が認知され、中古レコード屋とユーザーとの間で
知識と情報と市場価格が形成されていった発端となるような
もの凄く意味のあるコンピレーションだったような気がします。

収録内容は以下ですが…

1. Mad – I Hate Music
2. Hollywood Squares – Hillside Strangler
3. Slugs – Problem Child
4. Vox Pop – Cab Driver
5. Controllers – (The Original) Neutron Bomb
6. Dogs – Slash Your Face
7. Gasoline – Killer Man
8. Kraut – Matinee
9. Child Molesters – (I’m The) Hillside Strangler
10. Cold Cock – I Wanna Be Rich
11. Authorities – Radiation Masturbation
12. Authorities – I Hate Cops
13. Nuns – Decadent Jew
14. Users – Sick Of You
15. Vicious Visions – I Beat You

とんでもない無名バンドのみで構成されているのに
聴いた時には、今までの自分のパンク(音楽としての)の
概念や思いが瞬時に吹き飛びましたね。
こんな凄い音楽が自分が小学生の時に世界中で
鳴っていたのかと思うと、ゾクゾクします。

 

このコンピレーション、確か初回リリースにはあのThe Beastie Boysの
初期ハードコアナンバーががっつり収録されていたハズ。
(後にオフィシャルで「Pollywog Stew」として再発されています)

 

当時、自分のパンク観を再構築しながら、あらゆる意味で音楽に対して
底の深さと楽しさと、カッコよさを認識されられ、結局今でも自分の中で
パンクは1977年から1982年までのものに尽きると言う極論に辿りついたきっかけになった作品。

77年のフランスにこんなスゲー曲とバンドが存在していたなんて…夢のようだ。

 

このシリーズ、この周辺記事は継続して行きますー。

 

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

Theピーズ

このバンドについて語るのならアルコールなしでは
自分の想いが熱く、強すぎて冷静に語ることなど到底出来ない。
本当に、他人がひくくらいに彼らについては饒舌に語ってしまう自分が怖い。
以前に某音楽誌に書いたレビューを今、自分で読み返してみても
相当に…アレだ。

 

某販売店時代に、一店舗でアルバムを700枚初回でオーダーして
まさかの完売。インタビューの機会を得るも、好き過ぎて断るという暴挙。
そして、十数年の時を経てご本人との酒場での対面。
さらにはPAの手伝い。
人生の節々においてTheピーズという磁力に引き寄せられるのだ。

自分はロックンロールという音楽や言葉にはさほど興味はないのです。
何故なら、Theピーズがいるから。Theピーズだけを聴いていれば事足りてしまうからなのだ。

 

そんな彼らも結成30周年。とうとう武道館という舞台でのワンマン。
素晴らしいではないか。
途中なんだかんだあっても、音楽を続ける事の素晴らしさ。
自分も音楽を聴き続ける事の素晴らしさをこの日に、
再認識するつもりで加担します!

 

あぁ…うちでグッズ…作りたいなぁ。

 

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

BEATS INTERNATIONAL

1990年ハウス、レゲエ、ロックをあきらかにパンク~NWを通過してきたフィルターで
華麗にサウンドメイキングした、当時にしてはお洒落集団。
デビューシングル「Dub Me Good to Me」を耳にした時に、
「ぬぅ、このベース、The CLASHのパクりじゃん!」と思ったのですが
当時の自分はサンプリングなんて知らず、激昂した思い出があります。

怒った割には、しっかり耳に残るこの曲に取りつかれ、すっかりファンに。

というのも購入したレコードのメンバークレジットに…ノーマン・クックが!
この人、後にFatboy Slimになるんですが、以前は80年代のネオアコバンドの
The HOUSEMARTINSのメンバーで、The CLASHオタクとして知られていた
アイツ!
こうして、自分の好きなものが繋がって、広がっていく瞬間は、なかなかにゾクゾクします。

 

2ndアルバムリリースされた91年頃だったかな…確か渋谷で2公演あったんですが
両日足を運ぶほど、大好きでした。2日間ともブレなく同じセットリストだったけど…。
ド名曲「The Sun Doesn’t Shine」は何時聴いても、なんとも言えない感情が溢れてきます。
この曲聴けただけでも、本当に嬉しかった。

レゲエ、ロックステディ、ファンク、ソウル、ハウス、ヒップホップ、ロックを
ノーマンのセンスでどの曲も、むかつくくらいにポップに仕上げており、
そのルーツミュージックに対する愛もバキバキに感じられる彼らの音楽。素晴らしい。
ビーツを聴いた事で、確実に自分で好きな音楽の幅が広がったし。
なにより、彼らの根っこにはThe CLASHがあって、ロックがあることが
嬉しいじゃないか。
ちょっと調べてみたら…
こんなTシャツ売ってる! ほすぃ。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

FISHBONE

85年のデビュー時後わずか3ヶ月後でにはニューヨーク、そして全米ツアーが決定し、
なりもの入りで日本でも各誌で紹介されていた。的外れなレビューや記事も多かったが、
萩原健太氏の記事は個人的に目に留まり、すぐさま1stミニアルバムを購入。
針を落とした瞬間に駆け抜ける衝撃と衝動と感動。
スゲー、スゲー、スゲーを連呼しながら踊りだした記憶があります。


彼らは本国でもBeastie Boysとのライブや、ヨーロッパではRed Hot Chilli Peppersと
のツアーなど、売れるきっかけは沢山あった。むしろ当時のレビューではRHCPよりも
賞賛されていたような気がする。
彼らがブレイクしなかった理由は色々とあるのでしょうが、彼らのすさまじいエネルギーと
音楽センス、プレイ…の全ては紛れもない歴史の宝だと思うのです。
日本にもレ・ピッシュ、SCAFULLKINGなどファンを公言するバンドも多いし。
ミクスチャーってジャンルをきく事が多いですが、自分の中では彼ら以外の音楽は
ミクスチャーではなく単なる足し算にしか聞こえない。
ファンク、NW、パンク、ハードコア、レゲエ、ラテン、HM、クラシック、ジャズ…
全ての音楽がベースになり、バンドとしてのフィルターを通じて吐き出されるものこそが
ミックスだと…思いたい。

当時ビビりながら観にいった今は亡き芝浦インクスティックの公演。

最前列には屈強なグリーンベレーのような外人と、ハードコアパンクスたちが笑顔で、暴れ、
踊り狂う様は、あまりにも衝撃で、多分自分はこのバンドは生涯好きなんだろな…と思ったりした。

 

このTシャツ…当時買い損ねたんですよね。
欲しい。。。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ