老い。

老いてなお瑞々しく生きたいもんですな。

2005年リリースされたNew Orderのアルバム
「Waiting for the Sirens’ Call」からのリードシングルであるこの
「Krafty」を聴くたびにそう思う。
この時点で彼ら(バーナード)は49歳。現在の自分と変わらないが、
長くバンドを続けて、しかも成功してるのに、どうして
この歳でこんな瑞々しい曲が書けるんだろう。

今作はリリース前に全曲ストリーミングという大御所にしては
かなり大胆な試みを打って出たような気がしたんですが、
この楽曲が表わすように正直…傑作アルバムでありその自信の
現れだったんでしょうね。発売前に全曲聴いた上で、実際自分も
今作は購入しましたし。余談ですが。

また今作は2ndブレイクアップ期とも言われ、JOY DIVISION期からの
メンバーであるピーター・フックの完全離脱により、彼の参加した
ラストアルバムとなった。
今作でも、シンセベースに被せるように彼のベースが自由に
リズムを刻み、メロディを奏でNew OrderがNew Orderたる所以を
随所で聴かせてくれていた、あのプレイは失って、改めてその
大きさと存在感が浮き彫りになった。

…はさておき。この「Krafty」楽曲の破壊力もさる事ながら
このPVの映像とリンクするとその青々しく、胸のしめつけ度合は
更に殺傷力を増し、凄まじいことに。
New Orderの凄さは、初期、中期、後期と仮に分けた場合
その全ての活動期に必殺級の楽曲を生み出している事だと思ってます。
「ceremony」「blue monday」「the perfect kiss」「regret」
そしてこの「krafty」。この曲は彼らのニューアンセムだというファンの評価も多い。
常に現役で、かつ新たな名曲を作れるバンドの構造…どうなってんですかね?

冬の冷たく、そして澄んでおり痛々しくすらある空気に
この楽曲と映像は最高に合う。大切なもの、かけがえのない全て。
大事な人と共有したくなる作品。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

Match × Match

Match × Match

大好きなハコ新宿Motionの定期企画
「Match × Match」

11/30(木) 新宿Motion
” Match×Match ”
ごのせん
bahAMaba
go-karts
THE BEAT GENERATIONチンドンセット
NDNQ(富山)
zazo
■開場/開演 18:30/19:00
■前売/当日 ¥2000/¥2300[D別]

明日、出演させていただきます!

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

Be My Baby

↓のEIGHT WONDERから時を経て約7年。
この頃すでに社会人として勤勉に働いており
パンクだなんだを聴き漁っていた1992年。
あの頃胸焦がした感情を再燃させてくれた
レニー・クラヴィッツのプロデュースによる今作。
全曲英語詞でレニーバンド全面サポートもあり、
なんとヴェルヴェッツのカヴァーもありで
ロックファンから強烈な支持を得たヴァネッサちゃん。
恐らく、パッツッイの面影とダブされた人も多いはず。

とにかく今作はレニーが彼女にぞっこんだった様子が
切ないくらいに伝わる完全コンセプチュアルな作品で
全編にわたって素晴らしい。
が、筆舌に尽くせないほどキラキラと輝くリードトラック
の素晴らしさは25年(!?)の時を経過しても
未だに輝いている。
なにこの尋常じゃない可愛さ…。はぁ…。

ロネッツの名曲のオマージュでありながら
オリジナルとして燦然と輝く完璧なコード進行。
バックの控えまくった職人的プレイ。
効果絶大なストリングスアレンジ…。
そして蠱惑的としか言いようのないヴァネッサちゃんの声。
途中途中で挟む低音の「Yeah」が最高。

「Be My Baby」と言えば
ロネッツも、COMPLEXもスゲーいい曲ですが
これが一番好きです。

ちなみにワタクシ…
年末に…
ビー・マイ・ベイビーズってユニットを組んでライブをしますw

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

1985

1985年。当時15歳のドーテーにはなんだかリアルに
生々しくエロかったパッツィ・ケンジット。
当時のMTVブームもあってこの曲はなぜか日本でブレイク。
本国では後に少しヒットを飛ばすも
基本的には箸にも棒にもかからない程度のバンドながら
何故か我々世代のおっさんの評価は高い気がする。。。
全てはこのパッツィの所為にある。
今見ても可愛いw。

バンドマン好きなのか過去4回の結婚相手は全て
ミュージシャンかDJというビッ〇感も最高ですね。
1人目:BIG AUDIO DYNAMITE !
2人目:Simple Minds !!
3人目:OASIS !!!
と出世魚のようにステップアップしてるし。

86年来日時のテレビ出演映像ですが、このやる気のなさ。
堂々の口パク。プロモーションで極東に来させられた感がヒシヒシ伝わってきますw。
でも…いい曲。今こんなパッド全開のシンセの音色出すのはかなり勇気要ります。
ちなみに日本盤の7インチにはこんな着せ替えセットが付いてました。


…要らんわw

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

グッドバイ。。。

この世にはおよそ信じられない程の名曲ってもんがある。
そういった宝物たちは往々にして複雑で難しい事をせず
シンプルで単純な骨格の楽曲であることが多い気がします。

toe / グッドバイ

この曲も全くもってそうだと思う。
2006年にリリースされたミニアルバムはここまで彼らが
最高峰のインストバンドだという認識から、唄モノもプレイする!
という驚きと賛否を醸し出した作品。
もちろん唄モノではありますが、イントロのギターの必殺のフレーズから
ソロパート…ギターワークが一段と光る名曲であり、ボーカルも歌い上げることなく
淡々と一定のトーンで英日語の混在した歌詞が鳴るさまは、人力による楽器に近い。

恐らくこの曲をきっかけにtoeを知り、その世界にズルズルルルっと
引き込まれた人も多いのではないかと思います。
この曲に関してはこのPVの出来も素晴らしすぎて、
何度見ても何かがこみ上げてくる…。


こちらはアルバムに収録された際にボーカリストとして参加した
土岐麻子Ver.
土岐さんの透明感と存在感のある声の場合は、完全なより唄モノとしての
主張が強くなっているのが分かるのではないでしょうか?

この世に音楽が生まれてどのくらいの時間と作品があるのか分からないけれど、
この世には本当に信じられないような名曲があり、
それは日々今も生まれている。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

The DEVIL DOGS

このなんのてらいもないド直球でアレ丸出しのバンド名。
彼らを知ったのは多分10代の最後かな…西新宿にあった
素晴らしきレコード店「バーンホームズ」だった。
この頃はパブロック、サイコビリーを聴き漁っていたのですが
店内で流れていたこのサイコーのロックに耳とハートを
掴まれるのに1秒かからなかった。
スピード感1000%増しで、ゴリゴリのパンクにした横浜銀蠅みたいだ!
と熱狂したのは遠い過去ではない気がしています。

この1stアルバムですら圧倒的な内容だったのにその翌年に
金字塔ともいえる2ndアルバムをリリース。


この冒頭を飾る「North Shore Bitch」のドライブ感と
楽曲のキャッチーさたるや…。3匹の狂犬はキャッチーさをも
身に着けケルベロスと化してしまった。
ラストのFreddy Cannon の神をも恐れぬ凄絶なカヴァー「Palisades Park」
は悶絶級のドライヴィンパンク。カヴァーのチョイスもアメリカ人らしくて
堂々とバカバカしく素晴らしい。

数々のシングルと92年のアルバムを挟んでリリースされた
最高傑作の4thアルバム。このスタイルを続けて作品を積み重ねる事の
難しさを鼻で嗤うような極限スタイルのパンク。
丁度この頃にはバイトながらレコード屋で働き出した頃で、国立という
微妙な場所にも関わらず、必至コイて今作を売ろうとしてたなぁ。

思えば彼らの登場があったからこそ90年代一部で多くのファンを獲得した
CRYPT records周辺のガレージパンクに繋がったんだよねぇ。
最近自宅で、この辺りの音源を引っ張り出して聴いてますが、
やはりこのバンドは圧倒的に別格ですな。90年代の裏ロックシーンの殿堂だと思います。

ラストはエルヴィスのカヴァーでどうぞ。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

The Get Up Kids / One Year Later

この世で一番カラオケで歌いたい曲。

感情をガツガツ揺さぶる数少ない珠玉の名曲。
02:18のブレイクに向け終始高揚感しかない。。。
多分、人生で1000回聴いてる。

カラ鉄さん…この曲とHoliday入れてください。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

Shrapnel / Combat Love (1979)

Shrapnel / Combat Love (1979)
後にMonster Magnetのメンバー在籍の軌跡のPOP PUNK。
つーか…この映像。

衝撃的すぎる。
文句のつけようのない完全な曲だけになお凄い。

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

neon shuffle #15

30代からはじめた自主レーベル企画。昨年は母親の死去などが
重なってイベント自体できなかったのですが、今年はようやく出来ます。
数年前から自分がプレイヤーになって出演するなんて思っていなかったですが
今回も…図々しく出させていただきます。

毎度毎度、この企画で頭を痛めるのが出演バンドへのオファー。
一緒に演りたい、出て欲しいバンドなんて数が多すぎて
絞れないんです。その結果毎度、バンド数が多くなり
ステージとフロアでの交互のプレイというスタイルになったのですが。
それでも選びきれない。
だれかオレに丸一日のライブイベントブッキングやらせて欲しいw。

今回の出演は
BLPRS (from京都)
soloist apartment
neonrocks
YGK
刑鉄
FLASHLIGHTS
KEEN MONKEY WORK
zazo

という8バンド。転換なしでぶっとばす音楽の塊と坩堝。
そしてアルコール! 
出演順も決まり、なんども脳内でシュミレーションしてるのですが
最高の夜になるのは必至です。

100%告知記事ですが自信満々の告知です。
是非に!

カテゴリー: 音楽雑談 | コメントをどうぞ

ノンサッチ・アゲイン

前にも書いた…かな。いつもお世話になっている
(というか呑んでクダ巻いている)
池袋にあるビア・バー「NONSUCH」
ここは本格的なビアバーで様々なビールと良質の
音楽が迎えてくれる居心地のよい呑み処なのですが
この9月で2周年を迎えるとのこと。
http://beerpub-nonsuch.com/

その記念グッズを作らせていただきました。
マスターのすーさん渾身のブリットポップ、ロック風な
デザインが施された全10種の缶バッジ。
いいっすね。某ピンク・フロ….的なコレとかお洒落です。
9/2~6まで記念バッジ配布らしいので、コレを期に
ビール好き、そしてロック好きな方は是非行ってみてはDO!でしょうか?

https://www.facebook.com/nonsuchikebukuro


また、この2周年期間の初日、9/2(土)に僭越ながら
DJ的な店内BGM担当をワタクシさせていただきます。
おめでたい記念なので、とことんアッパーでキラーで
夏の終わりっぽいキュン♡なセットリストで臨む所存です!

カテゴリー: 製作日記, 音楽雑談 | コメントをどうぞ